日本食菌工業株式会社

日本食菌工業は、姫マツタケとSOP®を製造・販売している原料メーカーです。

045-620-4723 お問い合せ

ヒメマツタケとは

 >  ヒメマツタケとは

ヒメマツタケとは

アガリクス茸の中で唯一、学術的に効果が認められているのが、ヒメマツタケです。
30年以上研究され続けている実績あるキノコです。

ヒメマツタケは、1965年にブラジルから日本に上陸したキノコです。

生活習慣病やガンに効果があるとされ、通称「アガリクス茸」として広く知られています。
ブラジルのピエダーテ地方の人が長寿であることから、なぜ長寿なのかを調査したアメリカの学者が、長寿とヒメマツタケの関係を突き止めました。
ピエダーテでは「神のきのこ」と呼び、食べていました。
ヒメマツタケの存在が広く伝わらなかったのは、育つ環境が限られていたからです。
育つ環境が限られていた貴重なキノコなので、「幻のキノコ」でもありました。

神のきのこ=ヒメマツタケの含まれる有用成分

ヒメマツタケの式名称は「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と言い、和名が「ヒメマツタケ」です。

「アガリクス茸」というキノコは存在しないのですが、「アガリクス」という言葉だけが独り歩きしてしまい、勘違いをしてしまう人が増えています。

「アガリクス」というのはキノコの中で、「ハラタケ属」という種類を表す言葉です。

ハラタケ属に属するキノコは、なんと200種類以上。
つまり、アガリクスと言えるキノコは200種類以上存在するのです。

料理で使われるマッシュルームも、アガリクス(ハラタケ属)です。
この200種類以上もある中で、生活習慣病やガンに効果があると、学術的根拠があるのはヒメマツタケのみ。

間違えずに選んで欲しいアガリクスは、「ヒメマツタケ」です。

キノコの分類

高品質なヒメマツタケを作る条件

環境

ヒメマツタケは、日中の気温は35度以上、夜間は20度以上。
昼と夜の湿度差があり、定期的に豪雨が降る環境でのみ成長します。
この限られた条件がそろって初めて育つため、「幻のキノコ」と呼ばれています。
育てる為には、徹環境底された管理が必要になります。

キノコの分類

土壌

キノコは土壌の養分を吸って大きくなるため、土壌環境の影響をダイレクトに受けます。
有害物質による汚染された土壌で育つキノコは、安心して口にできません。キノコは土壌の養分を吸って大きくなるため、土壌環境の影響をダイレクトに受けます。
苗床の安全を保つ必要があります。

土壌 キノコ

種菌

キノコは植物というより、菌の仲間です。
最高の環境下で育てても、種菌の品質によってヒメマツタケは変わります。
ヨーグルトが種菌によって味が大きく変わるように、キノコも種菌によって違いがでるのです。

種菌 キノコ

良い物を届けるための信念 1

患者さまの口に入る物は、季節を問わず同じ品質であるべき

露地栽培とハウス栽培はどちらが良いのか?
それは、ハウス栽培です。 自然環境下で育つヒメマツタケがもともと希少だったように、露地で育てるのは難しいことです。 ヒメマツタケは、湿度や、雨のタイミングで成長が大きく変化します。 日照りが続く際、露地栽培ではスプリンクラーを使って、水を撒きますが、それで全てのキノコが同じように成長できるか?というと、疑問が残ります。
いつでも、安心したヒメマツタケであるために、最良の環境で育てるハウス栽培である必要があります。

種菌 キノコ

良い物を届けるための信念 2

ヒメマツタケが成長した1番良い状態の時に収穫する

良い状態 キノコ大きなヒメマツタケと小さなヒメマツタケがあった時、あなたはどちらのヒメマツタケを選びますか?
多くの人が大きな方を選んでしまいがちですが、キノコは「育ちきる直前」が1番良い状態なのです。傘が開いてしまったヒメマツタケは、最良の状態とは言えません。
身近な食べ物でも、成長しすぎたことにより大味になったものなどを食べた経験はありませんか?
大きいから良い物ではないことを、ぜひ知って頂きたいです。
特にキノコ類は、繁殖の為に胞子を飛ばします。
この胞子は、傘が開くことで拡散します。
つまり、傘が開く前というのは、拡散する為のエネルギーを蓄えている状態なのです。
傘が閉じている生命力が高い状態が、一番食べるのに最良の時と言えます。
日本食菌工業では、傘の開いたヒメマツタケで製品はつくりません。一番良い状態のヒメマツタケを収穫し、原料を作っています。

良い物を届けるための信念 3

残留農薬にも気を配り、農薬の徹底排除

良い状態 キノコヒメマツタケを育てる時に大切になる「苗床」。
日本食菌工業では、ビタミンやミネラルを豊富に含むサトウキビバガス(サトウキビを絞った後の端材)や米ぬかなど、選び抜いた素材を使用しています。
ヒメマツタケを育てる際、「藁」を使っているところが多いですが、藁は農薬が残りやすい(残留農薬がおこりやすい)ものです。
残留農薬を配慮し、農薬を使わずに育つサトウキビバガスを使い、約2ヶ月という長い時間をかけて、丹念に準備し、苗床を作り上げます。

24時間体制で収穫、加工

良い状態 キノコヒメマツタケの収穫は、時間との戦いです。
自己分解酵素という酵素を持つヒメマツタケは、成長後に放っておくと、数時間でドロドロに溶けてしまいます。
そのため、24時間いつでも収穫ができる体制を 整え、最適なタイミングで収穫作業を行って います。 収穫したヒメマツタケは直ちに洗浄され、乾燥 させます。 収穫から乾燥に入るまでの時間は、わずか1分。 ヒメマツタケの豊富な成分を、あますところなく製品にいかすことができます。 良い状態 キノコ

ヒメマツタケ図鑑

学名 アガリクス・ブラゼイ・ムリル(Agaricus blazei Murill)
和名 ヒメマツタケ 原色日本新菌類図鑑(I)保育社
原産地 米国のフロリダ半島や南カロライナの平原にも分布しておりますが、主にブラジル東南部サンパウロの ピエダーテの山地に自生しております。
分類 名前もないキノコの種菌(胞子)が、1965年、現地の日系人、古本隆寿氏(農業)から、 三重県津市の故・岩出亥之助博士へ送られてきました。
培養試験の結果、これが ハラタケ科、ハラタケ属に属するアガリクス・ブラセイ・ムリルなる学名のキノコであることが、1967年ベルギーのハイネマン博士によって鑑定されました。
人工栽培 日本とブラジルの気候、風土、土壌などの 違いから、種菌の培養、さらに効率よく発茸させるには 10余年もの歳月を要しました。
稲ワラやサトウキビバガスなどの堆肥の上に土でウネ床を作り、その根元に種菌を接種する特殊なハウス栽培「ウネ作り法」が確立されたのが1975年であり、大量生産の目途が立ち、栽培の努力が実ったのは1978年でした。
命名 分類学上から「変りハラタケ」と呼ばれていましたが、出荷初日に遊びにきた近所の女の子が、そのキノコを見るなり「まぁ可愛いキノコ、オヒメサマのようだわ」と声を上げました。
かくて、実用化の記念すべき日に「姫マツタケ」と命名されたのです。
摂取方法 一見、マッシュルーム(ツクリタケ)に似ていますが、柄は太くて長く、香りが強く、 その肉質には甘味があり、歯ざわりも良いという特徴があります。そのため、和・洋・中華料理に適しているといわれています。
乾燥したものは、煎じて服用するのが一般的です。
お茶代わりに飲みますとおいしいです。

ヒメマツタケ特有の有効成分:β-グルカン

良い状態 キノコ β-グルカンは、イキイキとした人生をサポートする成分として注目を集めている成分です。
ヒメマツタケには、キシログルカン、β-ガラクトグルカン、ペプチドグルカンなど、多様な成分が含まれています。
その中でも、ヒメマツタケに含まれる特長ある成分としてβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体が挙げられます。
良い状態 キノコ
▶ β-グルカンは吸収されない?
β-グルカンにはさまざまな種類があります。
β-グルカンは分子量が大きく、体内へ吸収されにくいと考えられてきました。
しかしヒメマツタケ特有のβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、体内に吸収されるという性質を持っています。
▶ ヒメマツタケなら、体内にしっかり届きます
ヒメマツタケに含まれるβ-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は、β-グルカンとタンパク質が結びついています。
この特殊な構造により、β-(1-6)Dグルカン・タンパク複合体は腸内から体内に吸収されます。
体内にしっかり届いたβ-グルカンは、あなたに本来備わっている生き抜く活力をサポートしてくれます。
ヒメマツタケの効果・効能 ヒメマツタケ愛用者の声

日本食菌工業の販売代理店募集中

ガン対策外来で予防・治療の相談を

日本食菌工業の公式通販 姫マツタケ オンラインショップ



〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区
鶴屋町3-32-14